ギターの音が好き

上手くなりたい!!

同じ阿呆なら踊らにゃ損々

【芸術】
数年前、国立新美術館モディリアーニ展と近代美術展みたいなのを見に行ったことがある。
その時初めて音楽以外の芸術というものに触れたんだけど、かなりの衝撃を受けた。

 


どちらかと言うと悪い意味での衝撃で、分からない人には分からないでしょうね的な突き放され方を感じたと言うか。

モディリアーニの絵で気分が強烈にローになり、近代美術では、作者が自分の顔に自分の似顔絵を貼ってその似顔絵の上から本物の化粧をする動画を流すという、強烈な作品を見て混乱し、嗚呼自分はこっち側の人間じゃないんだ。早めに帰らなきゃ。って勝手に思ってしまった。

【映画】
1年前に映画「セッション」を見て思ったこと
感想 : 暗くてドロドロ。少しローになった。けど面白かったし多分また借りる。

映画を見たいと言う自分の奥様(普段映画を見ない)に
「セッション面白いから見なよ」と言う?
   →NO

映画好きの友人には勧める?
   →YES

【音楽】
自分はバンドでtoeとかregaが好き。
歌無しでよくわからない音を出したりよくわからない流れだけどかっこいい。

友人(音楽はポップミュージックのみ聴く)複数人と車で遠出するときtoerega流す?
    →NO

バンドやってる人との遠出でtoerega流す?
    →YES

【言いたいこと】
自分は理解の許容範囲に自分で勝手に線を引いて、拒絶をしている。

映画、音楽に関しては線の内側に自分を置いていて
芸術では線の外側に置いている。

f:id:atom0731:20170413203654p:plainf:id:atom0731:20170413204012p:plain


他人が許容するかどうかにも勝手に予想の線を引いて入ってこなくて良いよと思ってる。

f:id:atom0731:20170413203927p:plainf:id:atom0731:20170413204132p:plain


線を引くのも必要な時もあるものだけど(見たくない、聞きたくないものを強制するのはかなりNG)、受信する際には邪魔になる(世界が狭い)。

線をできるだけ無くして色々なものを許容する方が人生豊かになりそうな気がする。

自分の線を取り払いつつ、他者の線も壊していけるようになれば良いなあ。

踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損損

なんかグッとくる言葉だ。